So-net無料ブログ作成

ハート・ロッカー [映画感想 は行]

the-hurt-locker-poster.jpg映画タイトル:ハート・ロッカー
初公開年月 :2010/03/06
監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール
出演:ジェレミー・レナー   アンソニー・マッキー
ブライアン・ジェラティ  レイフ・ファインズ 他

あらすじ<映画ONLINE参照>

2004年夏、イラクのバグダッド郊外。
アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班では、任務中に殉職者が出たため、
ジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。
こうして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とした爆弾処理チームは、
任務明けまで常に死の危険が孕む38日間を共にしていく。
しかし、任務が開始されると、ジェームズは遠隔ロボットを活用するなど
慎重を期して取るべき作業順序や指示を全て無視し、自ら爆弾に近づいて
淡々と解除作業を完遂。


任務のたび、一般市民かテロリストかも分からない見物人に囲まれた現場で
張り詰めた緊張感とも格闘しているサンボーンとエルドリッジには、
一層の戸惑いと混乱が生じる。
そして互いに衝突も生まれるものの、ストレスを発散するように酒を酌み交わし、
謎めいたジェームズの一面も垣間見ることで理解を深め結束していく3人。
だがやがて、任務のさなか度重なる悲劇を目の当たりにしたことから、
ある時ジェームズは冷静さを欠いた感情的行動に走り、3人の結束を揺るがす事態を
招いてしまう…。

※以下からネタバレ必須です。※

■2010.3.7(日) 本日の一言■

さて。本日の映画感想のお題は『ハート・ロッカー』である。
この映画は、アメリカのアカデミー賞で作品賞候補の『アバター』のライバル作品として
話題になっているというわけで、さっそく鑑賞してきた。

この映画は場所の設定からして、2004年夏・イラクのバグダッド郊外なわけだし、
主人公たち?は軍隊の爆弾処理班なのだから、
映画を観る人たちは、この映画にエンターティメント性やら、勧善懲悪感というモノを
期待はしないほうがいいだろう。

映画の内容的には、どちらかと言えばドキュメンタリータッチで描かれていると思うし、
ストーリーの流れも、あるようで、ないような・・かなり掴みどころが難しい感じを私は受けた。

で、
この映画の主人公は、こちら・・
ジェームズ二等軍曹、爆弾処理のスペシャリストという設定。

335594view005.jpg

爆弾処理の腕はあるけれども、数々の修羅場を踏みすぎて、
少々、頭がイカレてきているのかも??という匂いをスクリーンいっぱいに
かもし出してくれますな。

彼は、はっきりいって軍やサポートメンバーたちのチームワークよりも
いっときも早く!爆弾処理を完了させることに、夢中になりすぎ、
メンバーを無視した単独行動しすぎるきらいがあるのだ。

どうやら彼はいつ死んでも悔いなし!と考えているようだけれども、
私の目から正直に申せば、たいへんな困ったちゃん性質である。
こーんな奴と一緒に仕事はしたくないだろうなぁ。(--)


そして彼をサポートする軍人さんお二人が、こちら。
左:サンボーン軍曹、右:エルドリッジ技術兵。

the-hurt-locker003.jpg

いつテロが襲ってくるかわからない状態の中、爆弾処理の警備やら
技術的なサポートをする役目を担っている。

はっきり言えば、このお二人さんの協力なしじゃあ、安心して爆弾の処理も出来ないはずなのに、
このジェームズ二等軍曹は、スタンドプレーをしながら爆弾の処理にあたるんだね。

ワタシャ、映画を観ている間、この二人だけは死なずに無事!任期を終えて
アメリカへ帰ってくれよ・・と願わずにはいられなかったな。

まぁ・・ジェームズ二等軍曹は自分の思うとおりに行動しているから、

335594view015.jpg

映画上、彼も無事に帰還しましたが、例えばお亡くなりになったとしても
己の選んだ道!仕方がないか・・(--川)という気も私はしただろう。

しかし、こんな風に偉そうにブログで感想を語っている自分ではあるけれど、
映画を鑑賞している間は、いつ起こるともしれない、爆弾の爆発音に、
ワタクシはビビリまくり!(汗&笑)
座席から何度もビクッ!と体を震わせちまいましたがな。

突然!なんの前触れもなく・・

こんなのや・・
335594view001.jpg

こんなのや・・

335594view007.jpg

他にもいろいろと爆発シーンがありましたが、どれもこれも
私にとってはヒョェエエエ!!!!!(◎◎川))))))) もんであり・・。

まったく己の心と体の驚きは隠し切れない。
なにぶんにもチキンハートだからねぇ。orz...

というわけで、この映画を常に支配しているのは、妙な静けさと緊張感と臨場感であり、

それらに圧倒され、一つ一つの爆弾処理に息を詰めて見守ってしまうせいで、
ストーリーのつながりや、登場人物の人間関係の描き方が希薄であるにもかかわらず、
あれよあれよ・・とスクリーンに釘付けになってしまったというのが、正直なところだ。

悪くはない映画だけれども、観ていて楽しいか?面白いか?と聞かれると、
楽しかったよ、面白かったよぉ!(^○^)とは言い切れないし、
万人ウケするエンターティメント!を追及した!ということならば、
『アバター』のほうが、勧善懲悪もので、正義?も勝つし気楽で面白い!と思う。

『アバター』調を期待してみると、えらい目にあいますな。
(まぁ・・そういう風に期待して観る人は、まずあまりいないと思うけれども)
硬めで、アメリカ寄りのドキュメンタリータッチの映画・・として観るとよいのではないでしょうか。
少々グロイシーンもあるし、そういったのが苦手だと辛い映画ともいえる。

正直、私はエンディング・ロールが流れ出したとき、緊張が抜けたヘロヘロ感と
早く映画館から出て、明るい外の光を見たい!そして新鮮な空気を吸いたい!と
心から思いましたがな。

私の中では、閉塞感を覚えた、忘れがたい映画になりそうだ。

ゆえに誰にでも!みんなにお薦め!とはいかない作品。
興味があれば・・どうぞ・・(どうぞ・・と言っていいのか?ウーン)

とにかく重めを覚悟して観にいったほうが良いです。
自分の感想にしては歯切れが悪い幕引きに・・トホホ(汗)

というわけで本日はこれにて。

nice!(9)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 12

まなてぃ

xml_xslさん、ご訪問、niceどうもありがとう。(^^)

by まなてぃ (2010-03-07 14:14) 

まなてぃ

月夜さん、ご訪問、niceどうもありがとう。(^^)

by まなてぃ (2010-03-07 14:15) 

まなてぃ

スマイルさん、ご訪問、niceどうもありがとう。(^^)

by まなてぃ (2010-03-07 14:15) 

まなてぃ

shinさん、ご訪問&niceどうもありがとう。(^^)
by まなてぃ (2010-03-07 14:23) 

ジジョ

こんにちは〜☆
たしかに、おすすめする人を選ぶ映画ですね、、^^;
わたしは、とにかくラストが「がび〜ん☆」って感じでした。
あぁ、もぉ、切ない。。
by ジジョ (2010-03-07 14:45) 

まなてぃ

ジジョさん、こんにちは。ご訪問、niceそして、私の好物、コメントまで!
どうもありがとう。(^^)

お話が爆弾処理班のお話なので、明るいはずがない!とは
思っていたのですが、やはりヘビーでしたねぇ。

主人公が愛する家族と平穏な暮らしに満足しきれず、
再び爆弾だらけの戦地?に戻っていってしまうところが、
静かな狂気を感じさせて、切ないやら哀れやら、で、ブルーになりました。
忘れがたい作品になりそうです。ハイ(^^;)
by まなてぃ (2010-03-07 17:00) 

まなてぃ

ほりけんさん、ご訪問&niceどうもありがとう。(^^)
by まなてぃ (2010-03-07 17:01) 

まなてぃ

komoさん、ご訪問&niceどうもありがとう。(^^)
by まなてぃ (2010-03-07 17:02) 

まなてぃ

シンシン。さん、ご訪問&niceどうもありがとう。
by まなてぃ (2010-03-09 20:39) 

まなてぃ

paradenさん、ご訪問&niceどうもありがとう。(^^)
by まなてぃ (2010-03-09 20:39) 

のんたん

台湾でも公開されてますが、絶対見に行かないなーと思って
もう記事を読んでしまいました(^0^)←興味はあったので^^;
そしたらアカデミー賞のこの結果。
うーん、見に行こうかなあ。好き、このラストがよくて自分のベスト5に入る
という人がいたのですよ。私としてはたぶんダメだと思うんだけど
アカデミー効果で?私みたいに、行こうかなって人増えるでしょうね。
アバターでは、やっぱ獲れないでしょう・・・
でもアカデミー作品賞って、必ずしも見てスッキリするとは限りませんしね。
やっぱり行かないかなあ・・・迷う・・・
レオナルド・ディカプリオの新作はどうなんでしょうね??コレも迷う・・・
by のんたん (2010-03-10 02:31) 

まなてぃ

のんたんさん、こんばんは。コメントどうもありがとう。(^^)

観にいくか!いかぬか!迷いますよねぇええ。
私も実は、とっても迷った(笑)(^^;;)

戦争もんですからねぇ。それもこうポスターを見るからに、
エンターティメント!というのは排除されているのがわかりますもんね。(汗)
しかし・・アカデミーの話題に誘われて(ミーハーですから。(笑))
観にいった!というのが、本当のところですかね。

しかし・・観たら、・・やっぱりヘビーでしたねぇ。
はっきりとした物語の付線があるわけでもないのに、
あれよあれよ・・と観てしまい・・疲れてヘロヘロになりました。

レオナルド・ディカプリオの新作・・予告編を観る限り・・
こちらも、明るくて楽しい映画・・という感じではないみたいですね・・(笑)
だんだん、イカれてくる役なのかなぁ・・と予測しているですが。

願わくば明るいストーリーで!レオさま出演作って観てみたい!
陽気な男・・を演じてくれんかなぁ・・とか思っているんですけど・・
これもしばらくは無理かな。(^^;)
by まなてぃ (2010-03-11 20:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0