So-net無料ブログ作成
映画感想 あ行 ブログトップ
前の10件 | -

アリス・イン・ワンダーランド [映画感想 あ行]

334516_02_01_02.jpg映画タイトル:アリス・イン・ワンダーランド
初公開年月 :2010/04/17
監督:ティム・バートン
脚本:リンダ・ウールヴァートン
出演:ミア・ワシコウスカ    ジョニー・デップ
   ヘレナ・ボナム=カーター アン・ハサウェイ
   クリスピン・グローヴァー マット・ルーカス 他

<あらすじは:映画ONLINE参照>

子どもの時に体験した不思議の国(ワンダーランド)での記憶を
すっかり失くしていた19歳のアリス。
ある日、好きでもない相手からの突然のプロポーズに困惑していた彼女は、
チョッキを着た白うさぎを目に止める。
その不思議なうさぎを追いかけて穴に落ちてしまうアリス。


辿り着いたのは、アンダーランドと呼ばれているあのワンダーランド。
白うさぎをはじめこの世界の奇妙な住民たちはみな彼女の帰りを待っていた。
アンダーランドは今や独裁者・赤の女王に支配された暗黒の世界で、
アリスこそが年代記が予言する救世主だったのだ。
そして、そんなアリスを誰よりも待ちわびていたのが、赤の女王への復讐を誓う
謎多き男マッドハッターだったのだが…。


※以下からネタバレ必須です。※

続きを読む


nice!(10)  コメント(15)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

インビクタス 負けざる者たち [映画感想 あ行]

335400view011.jpg映画タイトル:インビクタス 負けざる者たち
初公開年月 :2010/02/05
監督:クリント・イーストウッド
脚本:アンソニー・ペッカム
出演:モーガン・フリーマン マット・デイモン

<あらすじは:映画ONLINE参照>
1990年、アパルトヘイトに反対し27年間も投獄されていた
ネルソン・マンデラがついに釈放される。
そして1994年、初めて全国民が参加した総選挙が実施され、
ネルソン・マンデラは南アフリカ初の黒人大統領に就任する。
しかしアパルトヘイト撤廃後も、白人と黒人の人種対立と
経済格差は依然として解消されず、国家はいまだ分断状態にあった。
マンデラ大統領にとって国民の統合こそが悲願であり、自ら寛容の精神で範を示し、
国民に和解と融和を呼びかけた。


95年に南アフリカで初開催されるラグビーW杯を国民融和の絶好のチャンスと捉え、
長らく国際試合から閉め出され弱小化していた代表チームのキャプテン、フランソワを
官邸に招き、国を一つにまとめるためにW杯での優勝が欠かせないと訴えかける。
大統領の不屈の信念に心打たれたフランソワは、誰もが不可能と考えた優勝目指して
チームを引っ張っていくのだが…。

※以下からネタバレ必須です。※

続きを読む


nice!(10)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アバター [映画感想 あ行]

abata-0000.jpg


映画タイトル:アバター
初公開年月 :2009/12/23
監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン  オーブリー・ラム
出演:サム・ワーシントン    ゾーイ・サルダナ
   シガーニー・ウィーヴァー スティーヴン・ラング 他


<あらすじ:映画ONLINE参照>

戦争で負傷し下半身不随となり車いす生活を余儀なくされた元海兵隊員のジェイク。
ある時、彼は“アバター・プロジェクト”にスカウトされる。
それは、地球から遥か彼方の衛星パンドラで、莫大な利益をもたらす希少な鉱物を
採掘するための事業。
そのために、人間に有害なパンドラの環境で活動できるよう先住民ナヴィと
人間のDNAを掛け合わせた肉体“アバター”が造られていた。
そしてジェイクに課せられた任務は、そのアバターに意識をリンクさせ、
遠隔操縦によりパンドラで生活し、ナヴィ族との交流を図ること。アバターを介して
ついに身体の自由を得たジェイクは、さっそく神秘的なパンドラの森へと足を踏み入れ、
やがてナヴィ族の美しい女性ネイティリと運命的な出会いを果たすのだが…。


※以下からネタバレ必須です。※

続きを読む


nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウォーロード/男たちの誓い [映画感想 あ行]

332678_01_03_02.jpg

映画タイトル:ウォーロード/男たちの誓い
初公開年月 :2009/05/08
監督:ピーター・チャン
脚本:スー・ラン チュン・ティンナム オーブリー・ラム
出演:ジェット・リー アンディ・ラウ 金城武 シュー・ジンレイ 他


<映画ONLINE参照>

19世紀末期。清朝軍の将軍だったパン(ジェット・リー)は太平天国軍と戦い、
自分の部隊を全滅に追いやられ、失意の中で荒野を彷徨う。
そんな時、謎の女リィエン(シュー・ジンレイ)と出会い、心癒やされる。
しかし、翌朝すでにリィエンの姿はなく、その後パンは、盗賊団のリーダー、
アルフ(アンディ・ラウ)と彼を兄のように慕う男ウーヤン(金城武)と遭遇する。
彼はそこで、あのリィエンと再会する。彼女はアルフの妻だった。
そんな中、盗賊団の過酷な境遇を目の当たりにしたパンは、生き抜くためには軍隊として
朝廷に仕えることが最善と訴え、アルフに受け入れられる。
こうしてパン、アルフ、ウーヤンは義兄弟の契り“投名状”を交わし、運命を共にすると
固く誓い合うが…。

※以下からネタバレ必須です。※

続きを読む


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウルヴァリン:X-MEN ZERO [映画感想 あ行]

333627view001.jpg


映画タイトル:ウルヴァリン:X-MEN ZERO
初公開年月 :2009/09/11
監督:ギャヴィン・フッド
脚本:デヴィッド・ベニオフ スキップ・ウッズ
出演:ヒュー・ジャックマン リーヴ・シュレイバー リン・コリンズ 他


<映画ONLINE参照>

19世紀半ば、特殊な能力を持つ少年ローガンは、父親の身に起きた事件で
その能力を覚醒させ、同じく超人的能力を持った兄ビクターと2人で支え合って生きることに。
以来、野獣のような攻撃能力を持つビクターと両拳から飛び出す鉤爪を武器とするローガンは
150年以上に渡り、兵士として幾多の戦場を駆け抜けてきた。
そんな2人はある日、謎の軍人ストライカーが指揮する特殊部隊“チームX”に
スカウトされる。
しかし、ローガンはアフリカでの非人道的なミッションを巡ってビクターらメンバーと対立、
チームを離脱する。
6年後、ローガンは恋人ケイラと穏やかな日々を送っていた。
ところが、そこへビクターが姿を現わしケイラを殺害、ローガンも圧倒的な力の前に
重傷を負ってしまう。
復讐に燃えるローガンは、ビクターの暴走を止めるため力を貸してほしいと言う
ストライカーに協力、最強の戦士になるための改造手術を受けるのだったが…。

※以下からネタバレ必須です。※

続きを読む


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

インファナル・アフェア 無間序曲 [映画感想 あ行]

infernalaffairs2-000.jpg

映画タイトル:インファナル・アフェア 無間序曲
初公開年月 :2004/09/18
監督:アンドリュー・ラウ
脚本:アラン・マック
出演:エディソン・チャン ショーン・ユー アンソニー・ウォン
   エリック・ツァン  カリーナ・ラウ フランシス・ン 他


あらすじ <映画ONLINE参照>

1991年、香港マフィアの大ボス、クワンが暗殺された。
だが配下のボスのひとり、サムだけは造反を目論む4人のボスたちをよそに
唯一静観を続ける。
実はこの暗殺は、サムの出世を願う妻マリーが夫も知らぬ間に手下のラウへ
命じたものだった。
そんな彼女に叶わぬ恋心を抱くラウはやがて、サムによって警察学校へ送り込まれる。
一方、組織犯罪課のウォン警部は、クワンの私生児であることが発覚して
警察学校を退学処分になったヤンを組織へ潜入させることに。
こうしてラウとヤンの2人は、92年、気づかぬうちに互いの人生を交差させていくのだった。


ここからネタばれ必須です。

続きを読む


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [映画感想 あ行]

2132view002.jpg


映画タイトル:インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
初公開年月 :1994/12
監督:ニール・ジョーダン
脚本:アン・ライス
出演:トム・クルーズ ブラッド・ピット キルステン・ダンスト 他


あらすじ:<映画ONLINE参照>

ジャーナリストのマロイの前に、吸血鬼と名乗る男が現れる。
彼は、自分を吸血鬼にしたヴァンパイアのことを話し出すが……


※以下からネタバレ必須です。※

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウィンター・ソング [映画感想 あ行]

ウィンター・ソング

ウィンター・ソング

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2007/04/20
  • メディア: DVD


映画タイトル:ウィンター・ソング
初公開年月 :2006/11/11
監督:ピーター・チャン
脚本:ピーター・チャン
出演:金城武 ジョウ・シュン ジャッキー・チュン チ・ジニ 他

■2007.9.30(日) 本日の一言■

とうとう9月も終わりである。(TT) 早い!早すぎる!
ブログを気にかけつつ、この1ヶ月何をしていたのかといえば、疲れから酷く膿んだ!ヘルペスを
足の指先にこさえてしまい、(ヘルペスって口周りにできるんじゃないんかい??と驚いたのだけれど・・)
点滴と薬と通院と仕事に忙殺されて、映画もみにいけず(実際、体力的にも映画どろこじゃなかったし・・)
本当につまらない生活を送っていたのである。
で、現在、そのヘルペス様はどーなったかというと、最盛期に比べればマシにはなって、
指の角にポチッ!とできているだけになったのだが、、それがなかなかなおらず、
またやっかいなことに、疲れると再び大きく育ってきたりなんかするのだ。(><)
医者は長期で仕事を休むと、完治したりするんだけどねぇ・・などとのたまわってくれるけれど
そんな長期に仕事が休めるわけはない。いっそのこと医師(センセイ)が強制的に入院でも
させてくれれば、休めるかもしれないというものだ。

ということで、完治はしていないけれど、少し体力が戻ったら映画館で映画を見たい。
でも映画館に行く体力はまだ戻っていないので、自分の棚からひとつまみ・・で、
旧作の香港映画『ウィンター・ソング』を鑑賞することにした。
以下からあらすじ、そして感想をアップする。(^^)

続きを読む


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

イノセントワールド -天下無賊ー [映画感想 あ行]

映画タイトル:イノセントワールド -天下無賊ー
初公開年月 :2007/04/28
監督:フォン・シャオガン
脚本:フォン・シャオガン
出演:アンディ・ラウ レネ・リウ ワン・バオチアン 他

前回、この映画を紹介するときにも上記の写真を利用したのだが、(^^;;)
今回も同じものを再びアップしてしまった。
理由は、この写真が一番、この映画の暖かい部分が見えて私は好きだから。
前回と写真がかぶるのは、少々、気がひけるのだけれども、そのような訳でよろしく。(^^)
   
■2007.4.28(土) 本日の一言■

さる4/9に試写会を観ておきながら、私の文章力で感想を書こうとすると
「ネタバレ」してしまうため、公開日と感想のアップを合わせることにした
映画『イノセントワールド -天下無賊ー』。
今頃、渋谷の映画館では、第1回目が上映されていることだろう。

この映画は中国では2005年のお正月公開しており2年の時をえて、やっと本日、
公開となった。( ̄ー ̄)//””パチパチ<待ってたよっ!めでたいっ!
同じアジアなのに日本で公開される中国映画や香港映画は絶対的に数が少ないし、
公開されたとしても、かなりの年数をおいてだから、私はたびたび日本の配給会社を
呪いたくなる。(--)『傷城』は、いつ公開なんだろう・・『門徒』だって観たい・・
『童夢奇縁』なんぞは、『愛と死の間で』よりも物語的には、とても面白いだろうと
思うのに、日本で公開されたのは『愛と死の間で』だった。(TT)
(まぁ・・アンディ・ラウが来日したり、それはそれで楽しめたんだけどね(^^;;))

さてボヤキはこの辺にして、本日のお題となる『イノセントワールド -天下無賊ー』の
あらすじと感想を以下に、やっとアップする。(笑)

続きを読む


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

イノセントワールド -天下無賊ー [映画感想 あ行]


映画タイトル:イノセントワールド -天下無賊ー
初公開年月 :2007/04/28
監督:フォン・シャオガン
脚本:フォン・シャオガン
出演:アンディ・ラウ レネ・リュウ
   
■2007.4.9(月) 本日の一言■

ブローガー試写会(ブログをもっている人限定で抽選)という、
少々、限定された人たちむけの試写会にでかけてきた。
今回、鑑賞したのは、『イノセントワールド -天下無賊ー』。
大好物のアンディ・ラウものである。

続きを読む


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画感想 あ行 ブログトップ