So-net無料ブログ作成
検索選択
映画感想 ま行 ブログトップ

マイケル・ジャクソン THIS IS IT [映画感想 ま行]

334766_02_01_02.jpg





映画タイトル:マイケル・ジャクソン THIS IS IT
初公開年月 :2009/10/28
監督:ケニー・オルティガ

<解説 Yahoo映画参照>

2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、
突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。
照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、
唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージにかけ
歌やダンスの猛特訓は死の直前まで繰り返されていた。








■2009.10.29(木) 本日の一言■

本日のお題は、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』。
解説にもあるとおり、6月に亡くなったマイケル・ジャクソンのリハの模様を
約2時間に編集し映画として上映されたものだ。

80年代が青春だった人であるならば、マイケル・ジャクソンを好き嫌い関係なく、
一度は彼の音楽を聴いたことがあるだろうし、彼の作ったPV(プロモーションビデオ)も
観たことがあるだろう。

多くを語るべくもなく彼の作った『Thriller』や『BAD』、『BEAT IT』のPVは
人を振り向かせ、目や耳を釘付けにする、魅力をもっていた。

私は彼のファンではないけれども、やはり上記に述べたPVを観ると
よく出来てるなぁ!よく踊れているなぁ!いい曲だなぁ!楽しいな!(^^)と
気分が必ず高揚する。

だから、ここ10年くらいマイケルがゴシップにまみれ、奇怪な行動ばかりが、
とりだたされ、姿が変貌し、か細い声で「I LOVE YOU」と言うマイケルを見るのは、
やはり辛いものがあって、音楽はいいのになぁ・・残念だなぁ・・という
気持ちが、自分の中にはとてもあったのだ。

さて。本題の『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を昨日、鑑賞したのだが
この映画は、ここ10年ばかりのゴシップまみれでしかなかった
マイケル像を吹き飛ばしてくれるドキュメンタリーだと思う。

彼の音楽に対する真摯さやセンスの良さが、コンサートのリハーサルを通じて、
スクリーンに映し出されたのは、私にとって何よりも救いだったし、

マイケルの大本ともいえる、音楽によって
彼は世間に一矢報いた・・というように私は感じましたがな。

Musicianは、音に専念しているとき、良いステージを作ろうと努力しているときが
一番格好いいんだな・・と再確認させられたし、 

感想を多く語るのは野暮に思えるような、真摯なドキュメンタリー・・だから、
なんかシミジミしちゃったなぁ・・(゚-゚*)
 

と、いうわけで・・今回は多くを語れず・・(汗)
最後はTRAILERにて、本日はおひらきにいたしまする。






書き忘れ・・多くの人に観てもらいたい・・お薦めです。

nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

MW -ムウ- [映画感想 ま行]

332667view001.jpg


映画タイトル:MW -ムウ-
初公開年月 :2009/07/04
監督:岩本仁志
脚本:大石哲也 木村春夫
出演:玉木宏  山田孝之 石田ゆり子 石橋凌 他

<あらすじ:映画ONLINE参照>


16年前、“沖之真船島”で島民全員が一夜にして虐殺される凄惨な事件が発生した。
しかし、何故かこの事実は政府によって隠匿される。
だがこの時、2人の少年が奇跡的に助かり、それぞれ異なる環境で現代社会に
身を置いていた。
ひとりは、神父として迷える人々を救済しながら自らの受難の記憶を克服しようと
苦闘する賀来。そしてもうひとりの生存者である結城は、エリート外資銀行員の顔を持つ
一方で密かに事件の謎を追い続け、当時の関係者へ冷徹な制裁を食らわせていたのだった。
また事件の後遺症から自分に残された時間が僅かと悟り、次々と報復を重ねていく結城。
そんな彼と特別な想いを込めた深い絆で結ばれながら結城の汚れてしまった魂を救おうとする
賀来も、その暴走に引きずり込まれ、犯罪に荷担してしまう。
こうした彼らの復讐劇はやがて刑事や新聞記者に嗅ぎつけられるものの、
ある時“MW(ムウ)”という単語が事件の謎を解く鍵であることを突き止める
結城と賀来だったが…。

※ここから先はネタバレ必須です。※

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

魔界転生 [映画感想 ま行]

000makaitensyou.jpg


映画タイトル:魔界転生
初公開年月 :1981/06/06
監督:深作欣二
脚本:野上龍雄 石川孝人 深作欣二
出演:沢田研二 千葉進一 真田広之 緒形拳 若山富三郎 他

■2009.06.05(金) 本日の一言■

本日の映画の感想は、新作映画ではなく、私のDVDコレクションから、
1981年公開された『魔界転生』をお送りする。


いずれはこの『魔界転生』のレビューを上げたいな・・と思っていたのだが、
新作映画を観るのが忙しかったり、クタばったりしていて、
DVDを持っていながら、すっかりこの映画の存在を忘れていて・・(スミマセン・・)
なかなか見直すこともなかった、とうぜん感想を上げる機会を逃していた。

しかしちょうど観たい新作もなく、先週は外に出る体力もなかったので
自宅でDVD鑑賞をすることにし、そうだっ!『魔界転生』を!と、
棚奥から引っぱりだしたわけである。

で、鑑賞中、

公開された1981年のことやら、『魔界転生』が公開される以前のことやら、
その当時に見えなかった感想が、頭をめぐった。

書きたいことが沢山出たときは、ブログに書くにかぎるというわけで。
アップすることに・・。

で・・まずは、恒例のあらすじから。

※以下からネタバレ必須!ですっ!※

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

メゾン・ド・ヒミコ [映画感想 ま行]

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2006/03/03
  • メディア: DVD

映画タイトル:メゾン・ド・ヒミコ
初公開年月 : 2005/08/27
監督:犬童一心
脚本:渡辺あや
出演:オダギリジョー  柴咲コウ  田中泯 他
   
■2006.9.3(日) 本日の一言■

粉瘤療養のため、とにかく体力温存の土日である。
元気だったら、映画館へでかけて「マイアミ・バイアス」や「ユナイテッド93」と
色々と観たいものがあったのだが今週は諦め、金曜日に2枚ほどDVDをレンタル屋で
借りてきた。本日は久しぶりに日本の映画「メゾン・ド・ヒミコ」を鑑賞することに。

特別意識しているわけではないのだが、私は日本の製作した映画を映画館で観ることが
あまりない。観ても年に1本、多くて2本くらいだ。
この「メゾン・ド・ヒミコ」は予告編に魅かれ、昨年、映画館で観たその唯一の日本映画。
観終わった後DVDになった暁には、もう一度、観たいなと思った作品なのである。

続きを読む


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

M:i:III   MISSION: IMPOSSIBLE III  [映画感想 ま行]

Mission Impossible III

Mission Impossible III

  • アーティスト: Michael Giacchino
  • 出版社/メーカー: Colosseum
  • 発売日: 2006/05/15
  • メディア: CD

映画タイトル:MISSION: IMPOSSIBLE III 
初公開年月 :2006/07/08
監督: J・J・エイブラムス
脚本: J・J・エイブラムス アレックス・カーツマン ロベルト・オーチー
出演: トム・クルーズ フィリップ・シーモア・ホフマン ヴィング・レイムス 他

■2006.7.12(水) 本日の一言■

昨日、先行上映を歯の治療のために観に行くのを中止していた
M:i:IIIをやっと観にいってきた。
トム・クルーズが、日本にきて派手なプロモーションが話題になったけれども、
その映画はいかに・・・・

続きを読む


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Mr.&Mrs.スミス  [映画感想 ま行]

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/04/05
  • メディア: DVD


映画タイトル:Mr.&Mrs.スミス 
初公開年月 :2005/12/03
監督: ダグ・リーマン
脚本: サイモン・キンバーグ
出演: ブラッド・ピット アンジェリーナ・ジョリー 他

■2006.7.8(土) 本日の一言■
昨日は七夕。彦星さんと織姫さんは、出会えただろうか?
というわけで、恋愛モノを観ることにした。
レンタルショップで選択したのは「Mr.&Mrs.スミス」。
アクションものラブコメディーらしい。(なんじゃそりゃ)
日本では大ヒットをしたが、私は初の鑑賞である。

まずは、あらすじをいってみよう。( ̄o ̄)o オゥ!

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ミリオンダラー・ベイビー [映画感想 ま行]

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2005/10/28
  • メディア: DVD



映画タイトル:ミリオンダラー・ベイビー 
初公開年月 : 2005/01/15
監督: クリント・イーストウッド
脚本: ポール・ハギス
出演: クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン他
   

■2006.6.30(金) 本日の一言■

最近、心温まる映画を観続けていたので、
重めの映画と噂の高い「ミリオダラー・ベイビー」を
昨日はレンタル屋から借りて観た。初の鑑賞である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
映画感想 ま行 ブログトップ