So-net無料ブログ作成
検索選択
映画感想 ら行 ブログトップ
前の10件 | -

レスラー [映画感想 ら行]

332729view001.jpg


映画タイトル:レスラー
初公開年月 :2009.06.13
監督:ダーレン・アロノフスキー
脚本:ロバート・シーゲル
出演:ミッキー・ローク マリサ・トメイ エヴァン・レイチェル・ウッド 他
   
■2009.06.18(木) 本日の一言■

さて。
実はこの映画、はっきりいって、私の観る映画の予定には入っていなかった・・のだが、
その昔、ミッキー・ロークのファンだった友人から、久しぶりに映画の誘いを受け
彼女とは久しぶりに会うし、映画のあとにおいしいモノを食べて!お喋りしたいなぁ・・
の誘惑に勝てず、まぁ主婦の彼女であるお財布に合わせてレディースデーに乗じて、
観にいってきた。


まずは、あらすじである。<映画ONLINE参照>

ランディ・ロビンソンは80年代に大活躍したプロレスラー。
しかしそんな栄光も今は昔、それでも彼は老体に鞭打ちながら
小さな地方興行に出場して細々と現役を続ける不器用な男。
ひとたびリングを降りれば、トレーラーハウスに一人で住み、
スーパーマーケットのアルバイトで糊口を凌ぐ孤独な日々。
そんなある日、長年のステロイド常用がたたって心臓発作で倒れたランディは、
ついに引退を余儀なくされる。
プロレスなしの人生など思い描けない彼は、馴染みのママさんストリッパーに
その戸惑いと不安を打ち明け、長らく疎遠となっていた娘とも連絡を取り
修復を図ろうとするのだが…。

以下から、その感想を上げることにする。

※以下からネタバレ必須です。※

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― [映画感想 ら行]

001レッドクリフ.jpg


映画タイトル:レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―
初公開年月 :2009.04.10
監督:ジョン・ウー
脚本:ジョン・ウー チャン・カン コー・ジェン
出演:トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー チャン・チェン 中村獅童 他
   
■2009.04.16(木) 本日の一言■

さて、ただいま絶賛?上映中の『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』を
今週の火曜日(4/14)に見にいってきた。遅ればせながらレビューを上げることにする。

実は、私には、ぜひ!完全映画化してもらいたい小説が4つある。

1つめは『ロード・オブ・ザ・リング』
(これは言わずとしれた有名な映画になりました。できも素晴らしく!満足でした。)

2つめは『源氏物語』(これも映画になりました。泣きたいほどの酷い映画で
私を打ちのめした。orz…
この物語は日本の文化!いつかこれぞ!というのを作って欲しい・・と願うばかり。)

3つめは『モンテ・クリスト伯』
(TVドラマにもなりました。映画になりました。
しかし、おいおい・・その結末はいくらなんでもという小説とはかけ離れたシーンに、
私は倒れそうになりました。誰か物語そのままに!完全映画化を望みたい。涙)

そして4つめが、何を隠そう(笑)この『三国志』なのである。
まぁ、数々いろんな人たちが『三国志』をアニメにしたり、ドラマにしたり、
映画にしたり、日本では人形劇まで!(@@)(でもけっこう出来は良かった!)

そして長編小説の中でも、私の大好物!作品である。

なので、この物語の中の1つのクライマックス?である『赤壁の戦い』が映画化される
ということを知った私は、まぁ完全映画化!というわけではないけれども、しかし
どんな映画になるのか、とても楽しみであったし、ブログでもたびたび申し上げて
恐縮なのだけれども、大好物!俳優トニー・レオン(^-^*)フフフフ・・・が、
三国志でも私の贔屓役である周瑜でが出演!することもあり、表の顔は心静かに・・
けれども内心は狂喜乱舞したいほど、この映画を心待ちにしていたのだ。

Part1も、もちろん観にいった。レビューをブログに上げたいと思いつつ、
体調不良で書けなかった。(ーー)

いろんな人の感想を読んだが、私はそんなに悪い出来ではないと感じた。
ようは尻切れのようなエンディングでも、Part2がある映画なら、
当然これもアリだと思ったし、ようは楽しめた、ということである。
問題は物語のクライマックスに入る後編の敵方曹操軍の船を豪華絢爛に火責めにする
ところなどをどーするのか?やら、こみいった人間関係などをどう描くのか?
エンディングは? 曹操の敗戦ぶりをどう描くのぉ!と気になり・・そしてPart2を
観にいったのだ。

ちなみに・・
今回の映画では敗戦大将になる、魏の国、悪役曹操だが、私は曹操が大好き!
綺麗ごとを並べる劉備なんぞよりずっと人間らしくていい!と思う。
 
では・・前置きはこのくらいにして(アァ・・長い前置き・・短くできない・・己に涙)

まずは、あらすじから。<映画ONLINE参照>

 80万の曹操軍をわずか5万で迎え撃つ劉備・孫権連合軍は、
軍師・孔明の知略と指揮官・周瑜の活躍でどうにか撃退に成功する。
思わぬ大敗にも依然圧倒的な勢力を誇る曹操は、2000隻の戦艦を率いて赤壁へと進軍する。
そんな中、曹操軍には疫病が蔓延してしまうが、非情な曹操は死体を船に積み、
連合軍のいる対岸へと流す。
これにより連合軍にも疫病が拡がり、ついに劉備は自軍の兵と民のため撤退を決断する。
ただひとり戦地に残り、周瑜とともに戦う道を選んだ孔明だったが、
劉備軍が持ち帰ったことで生じた矢の不足の責めを問われてしまう。
すると孔明は、周瑜に3日で10万本の矢を調達してみせると宣言するのだったが…。

★以下からネタばれあり!

続きを読む


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

LUST, CAUTION/色・戒 [映画感想 ら行]

ラスト、コーション スペシャルコレクターズエディション

ラスト、コーション スペシャルコレクターズエディション

  • 出版社/メーカー: Victor Entertainment,Inc.(V)(D)
  • メディア: DVD

映画タイトル:LUST, CAUTION/色・戒
初公開年月 :2008/02/02
監督:アン・リー
脚本:ワン・フイリン ジェームズ・シェイマス
出演:トニー・レオン タン・ウェイ ワン・リーホン 

■2008.02.03(日) 本日の一言■

本当に久しぶりのブログである。
最後にアップした記事の記録をみると、昨年の9/30(><)。
うーむ。。この5ヶ月間、仕事に追われ、まれに映画を観れる時間がとれても
感想を上げる気力と体力が、どうしても起こらず、ブロガー仲間にコメントは書けても
自分のブログは完全な放置状態になってしまっていた。
この5ヶ月の間、あんなに大好きな映画館での鑑賞もグッと減り、観た映画といえば
『グッド・シェパード』や『ボーン・アルティメイタム』、『再会の街で』の3本のみで
おまけに、いずれも鑑賞だけで、グッタリしてしまい感想を上げるまでにいかず、
とうとう年が明けてしまったのだ。しかしここにきて少々、仕事が落ち着いてきた!(嬉!)
そこで、さっそく映画館へすっとんで行き!映画を貪るように観てきた。
映画のタイトルは、やたらとベッドシーンばかり話題になる(涙)『LUST, CAUTION/色・戒』
主演は、私の大好物俳優!トニー・レオンである。貪り観るにはもってこいの映画だろう。
本日は、その貪るように観た映画の感想をアップすることにする。

続きを読む


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レミーのおいしいレストラン (字幕版) [映画感想 ら行]

レミーのおいしいレストラン [DVD]

レミーのおいしいレストラン [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: DVD

映画タイトル:レミーのおいしいレストラン
初公開年月 :2007.7.28
監督:ブラッド・バード
脚本:ブラッド・バード
声の出演:パットン・オズワルト ルー・ロマノ ブラッド・ギャレット 他

■2007.8.5(日) 本日の一言■

本当に久しぶりの映画!である。(TT)<感涙・・
未だ仕事は忙しいのだけれども、なんとか体力と時間を作って映画を観にいかないと
自分でも心が消沈してくるのが、手にとるようにわかるのだ。
そこで3日の金曜日は夜更かしの日であるが、PM23:00には撃沈して翌朝AM9:00まで
バッチリ寝た。すると、なんとか体力も回復したので、昨日やっと念願かなって
映画を観てくることができたのだ。
映画はディズニー配給、ピクサー製作の『レミーのおいしいレストラン』。(^^)v
ではさっそく以下から、あらすじと感想をアップすることにする。

続きを読む


nice!(6)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

リバティーン [映画感想 ら行]

リバティーン

リバティーン

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2006/11/24
  • メディア: DVD

映画タイトル:リバティーン
初公開年月 :2006/04/08
監督:ローレンス・ダンモア
脚本:スティーヴン・ジェフリーズ
出演:ジョニー・デップ  ジョン・マルコヴィッチ サマンサ・モートン 他
   
■2007.3.19(月) 本日の一言■

さて、先週の土・日は映画館で観たい映画も上映されていないということから、
TUTAYAでDVDを借りて自宅でDVD鑑賞をすることにした。
観た作品は、今年、このブログでは初登場のジョニー・デップ主演の
『リバティーン』である。
この作品は去年の4月頃に公開されて、公開と同時に観にでかけ、
感想をこのブログにもアップしたことがあるのだが、現在、読み直すと
書き足りないところが目についてしまいDVDになった暁には、ぜひ観て、
改めて感想を書きたいものだと思っていたのだ。
しかし、とにかく人気者のジョニー・デップの映画という影響なのだろう、
決して明るくも楽しくもない物語なのに、新作から外れるにも時間はかかるし、
レンタル中が長く続き、なかなかチャンスに恵まれなかった。
が、発売から4ヶ月の月日をえて、ブームが過ぎて借りることができた。(^^;;)
では以下から、あらすじと鑑賞感想を上げることにする。

続きを読む


nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

レイヤー・ケーキ [映画感想 ら行]

レイヤー・ケーキ コレクターズ・エディション

レイヤー・ケーキ コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2006/11/22
  • メディア: DVD

映画タイトル:レイヤー・ケーキ
初公開年月 :2006/07/01
監督:マシュー・ヴォーン
脚本:J・J・コノリー
出演:ダニエル・クレイグ  コルム・ミーニイ  ケネス・クラナム
   
■2007.2.28(水) 本日の一言■

主演女優賞候補の菊池 凛子がノミネートされて、普段あまり映画を話題にしない
ニュースまでアカデミー賞でにぎわった、この2、3日間・・
菊池 凛子は、まぁ、受賞はないだろうと思っていたので、それは横においておき、
まずは『ディパーテッド』作品賞受賞。。(=^・・^)ノ Congratulations!!
(オリジナルである『インファナル・アフェア』のほうが好きだけれど)
おめでとうございます。
スコセッシ監督、長年の苦労が報われてよかったねぇ・・しかーしっ!
出来ればリメイク作品ではなくて、オリジナルで受賞して欲しかったかな・・
でも、とにかく、おめでとうである。
で、本題はそんなアカデミーの結果も、まだ出ていなかった2月25日に
自宅で、鑑賞したNew007でおなじみのダニエル・クレイグ が主演『レイヤー・ケーキ』である。
この映画はミニシアターで上映していたらしいのだがそういったミニシアター系情報に、
本当にウトイ私は、007にダニエル・クレイグ が選ばれて、この俳優さんは
どんな映画に出ているのかなどを調べて「ホォオー『レイヤー・ケーキ』という映画に
でているのか」と知ったくらいなのである。(^^A;;)汗汗
イヤハヤ・・スミマセン。あまりミニシアターで上映される映画に興味がナイというか、
ミニシアターは「ツウ好み」というか・・「敷居が高い」というか・・・
その何と言えばいいのかな、ミニシアターで上映される映画って、これは面白い!と・・
「この映画!アタリだ!」(^○^)と楽しいものにあまり出会えないというか・・
(; ̄ー ̄川 アセアセ<言い訳するほど苦しい立場じゃ・・言い訳はここまでにしよう。
とにかく『レイヤー・ケーキ』、ダニエル・クレイグ 観たさに鑑賞することにしたのだ。
さてっ・・じゃあ以下からあらすじ&感想をアップすることにする。

続きを読む


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

LOVERS [映画感想 ら行]

LOVERS

LOVERS

  • 出版社/メーカー: レントラックジャパン
  • 発売日: 2005/01/28
  • メディア: DVD

映画タイトル:LOVERS
初公開年月 :2004/08/28
監督:チャン・イーモウ
脚本:チャン・イーモウ  リー・フェン ワン・ビン
出演:金城 武 チャン・ツィイー アンディ・ラウ
   
■2007.2.20(火) 本日の一言■
さて・・先週の『懐かしの映画DVD鑑賞with麦焼酎会』の映画鑑賞の感想の
続きである。本日アップするのは『ターミネーター2特別編』の後に鑑賞した
中国映画、『LOVERS』である。これは友人Mがチョイスしてきた作品で、
彼女は金城武とチャン・ツィイーの大ファンである。
だが、それにしても・・と私は言いたい。
この『LOVERS』は彼女と一緒に映画館へ1度、観に出かけている。
また同じ面子である私と観るのか・・と、半分呆れた気分になった。

私  :「またそれを観るんかい?私と一緒に1回観たよねぇ」(--;;)
     と呟くと

友人M:「飲みながら観たいんだよね、それに、ほらっ!あんたの好きな
     アンディ・ラウも出演しているし・・」(^ー^* )フフ♪

私  :「出てるけど、ファンからみると、おもしろくない役で出てるよね・・
     衣装も一着こっきりで、金城 武の引き立て役みたいな・・」( ̄  ̄)b゙ネッ!!

友人M:「それは金城武が主役で、チャン・ツィイーの相手役だし、
     アンディは脇役だから、仕方ないことなんじゃない」d( ̄∇ ̄)゙ネッ!! 

私  :「(ホントに身も蓋もなく、本当の事ばかり言う。私は負け惜しみとは
     わかっていても心の中で以下のお願いごとを呟かずにはいられない。)
     映画の神様・・お願いです。アンディ・ラウを主役にして、金城武を
     脇役にした映画を私の為に作ってください。・・」(-人-;;)南無南無・・

別に金城武に恨みがあるわけではない。(笑)
しかし私はこの映画、金城武のファンというわけでもないのに、M以外の友人と
飲みながら観たこともあって、今回で3度目の鑑賞なのだ。(--;;)<食傷キミデス。
けれども金城武とチャン・ツィイーのファンであるならば、1度で2人の好きな俳優が
見れる『LOVERS』を選ぶ気持ちも、映画好きとしては、わからないでもない。
飲み場所も提供してくれたことだし・・結局、映画『LOVERS』を観ることにした。
以下から、あらすじ、そして感想をアップすることにする。

続きを読む


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ロード・オブ・ウォー [映画感想 ら行]

ロード・オブ・ウォー

ロード・オブ・ウォー

  • 出版社/メーカー: 日活
  • 発売日: 2006/06/09
  • メディア: DVD

映画タイトル:ロード・オブ・ウォー
初公開年月 :2005/12/17
監督:アンドリュー・ニコル
脚本:アンドリュー・ニコル
出演:ニコラス・ケイジ   イーサン・ホーク  ブリジット・モイナハン 他
   
■2006.8.30(水) 本日の一言■

夏バテの挙句、私の持病である粉瘤(フンリュウ)が、先週の月曜日に再発した。
できた場所は、毎度おなじみの右足の付け根である。
去年、再発した時は自然治癒で収まったので、今回も収まってくれるかと期待した。
しかし、日に日にヤツ(粉瘤)は2mmくらいの大きさから親指の爪ほどの大きさに
成長はするし、おまけに痛みも去年よりもバージョンアップ!。
そこで自然治癒は諦めよう。で、金曜日に皮膚科に行ってきた。( p_q)ウウ
それから4日間、病院通い。粉瘤治療の点滴生活、で映画三昧はおあずけになった。
そしてやっと!回復の兆しである。粉瘤が小さくなり、来週まで病院はナシ!
万歳!なのである。そこで、さっそくレンタル屋さんに直行してDVDを借りてきた。
今回はニコラス・ケイジ主演の「ロード・オブ・ウォー」である。
この映画、いずれは観てみたいと思っていたのだ。

というわけで、久しぶりの映画の感想は「ロード・オブ・ウォー」である。
やっと粉瘤も小さくなって、回復の兆しもでてきたので元気にいってみよう!\( ̄▽ ̄)/

続きを読む


nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

レオン 完全版 [映画感想 ら行]

レオン 完全版

レオン 完全版

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1997/12/19
  • メディア: DVD

映画タイトル:レオン 完全版
初公開年月 :1995/03
監督: リュック・ベッソン
脚本: リュック・ベッソン
出演:  ジャン・レノ   ナタリー・ポートマン    ゲイリー・オールドマン 他
   
■2006.8.2(水) 本日の一言■

先週から会社の仲間うちで、自分のもっているDVDの貸し借りが、流行中。
リュック・ベンソン好きの同僚がDVD「レオン」借してくれた。
孤独な凄腕の殺し屋レオンと少女マチルダの純愛の物語。
公開間近だった頃、予告編を映画館で観ただけで、最後は主人公が死んで終わるのだろう・・
という、悲しい予感がよぎって観なかったのだが、こうして縁あって観ることになった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

RENT [映画感想 ら行]

■2006.5.11(木) 本日の一言■

昨日は映画のレディースデーというわけで、
久しぶりに映画館で映画を観てくる。
今回は以前から観たいなと思っていたミュージカル映画、
RENTを観てきた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画感想 ら行 ブログトップ